爪の悩み

爪の悩み

爪の悩みや体験談などについてです。

爪の悩み記事一覧

わたしがにごり爪に悩まされていたのは、今から30年も前のことです。市販薬は何を塗っても効果がなく、諦めかけていたのですが、しかしこのままの状態にもしておけず、決心して皮膚科の門をたたいたのでした。当時、病院で処方された薬はGriseofulvinという薬でした。確かに効果はあり、完治させることができたのですが、大変時間がかかりました。私の場合は約1年間もかかってしまいましたが、2〜3年もかかる患者...

足の親指の爪を切ろうとしたときに、爪の先が二重になっていて、バラバラとこぼれるようになっていました。特に爪に刺激を与えたわけでもないのにおかしいと不安になったので、梅田のクリニックで診てもらうことにしました。爪によって健康状態がわかるという話を聞いたことがあったので、もしかしたら他の部分に悪いところがあるのではないかと不安になったからです。クリニックで診察してもらったところ、これはにごり爪によるも...

にごり爪と気が付きすぐに皮膚科にかかりました。皮膚科治療で軟膏をもらい、通院も毎日早く治りたい一心で治療に専念しましたが、なかなかなおりませんでした。にごり爪治療の難しさは、経験した自分にいろいろ試してみようという気持ちなりました。家族にうつることがないようにと細心の注意をはらい、主人にも治療に協力してくれるように頼みました。主人からすすめられたジェル状のにごり爪治療の塗り薬はすぐに効果を実感する...

結婚してから発覚したのが主人の足のにごり爪です。爪が黄色になってしまっていてびっくりしました。病院で処方して貰った薬を塗っていますが中々治らない様です。うつったら嫌なので、こまめにバスマットなど洗っていました。しかし念入りに足を洗っていたのに私もついににごり爪がうつってしまいました。とてもショックでした。しかも妊娠が分かりました。薬を塗るのは、胎児への影響があるといけないのでやめておきました。にご...

足の指や裏に出来たアレは、市販薬で完治することができましたが、にごり爪が治らずに悩んでいました。特に夏は、サンダルやミュールなど、つま先を見せる靴を履きたいのですが、にごり爪が気になって履くことができませんでした。自力では治せないと思い病院に行くと、ニゾラールを処方されました。見た目は、今まで使っていたのと同じようなクリーム状の薬で、塗り心地もべたつかず気に入りました。毎日塗り続け、1本塗り終わっ...

木酢液は優れた殺菌作用があると言われており、足浴に使用すると効果抜群として評判です。木酢液クリアはにごり爪によいとも言われており、にごり爪の自分は興味を持ちました。さっそく洗面器に木酢液クリアを希釈したお湯を入れて、20分の足浴をしました。すると足がすっきりして、身体に溜まっていた毒素が排出されたようです。デトックスによいと聞いていましたが、これは本当のようです。ただにごり爪に関してはやや軽減した...

1年程前、何気なく足の爪を見ると、いつもより白っぽく変色していました。特に痒みなどもなく、それほど大きな変化ではなかったので放置していると、半年後には黄色く分厚い爪となり、にごり爪に感染していることが発覚しました。なぜ、初期の段階で何らかの対処をしておかなかったのかと悔やまれましたが、あまり体に負担をかけない治療法を選びたいと思い、ホタテの貝殻から作られ、水虫菌に強いというモイヤを使ってみることに...

今までは綺麗な足の爪だったんですが、急に足の爪が変色してきました。近所のコンビ二くらいならサンダルを履いて出かけることも良くありましたが、爪が変色してからはみっともないのでサンダルは履けなくなりました。もしかしてこれは水虫なのかもと思い薬局で水虫に効く薬を買うことにしました。薬剤師の方ににごり爪だということを話すと、普通の水虫に効く薬ではにごり爪には効果がないと言われました。なぜにごり爪に薬が効か...

わたしは、おしゃれの為にジェルネイルをしているのですが、ある日、ネイルサロンの方からにごり爪ではないかと指摘されたことがあります。指摘された薬指を見ると、確かに爪の根元、両側が白く濁っているのです。しかも、爪全体に白い筋も見られて、明らかに異変を感じました。スタッフによれば、ジェルネイルのやり過ぎが原因と教えられました。ジェルネイルを頻繁にすると自爪との間にわずかな隙間が生じてしまうとのことです。...

にごり爪になってしまうと、治すのに非常に苦労します。私の場合は同居人に「うつさないでよ」などと言われて、肩身の狭い思いをしなければいけませんでした。お風呂は最後というのも当たり前です。そんな困ったにごり爪を自宅で治すのに、最強の保湿剤と言われるワセリンを塗ってみました。にごり爪用に買ったわけではありませんが、ちょうど皮膚科に行った時に余っていました。にごり爪用を自力で治すのにワセリンが使えるという...

風呂で足を洗っている時に爪に違和感を感じて、調べてみるとアレになっていました。あの症状はよく知っていたのですが、自覚症状がなかったため全く気づきませんでした。気づいた時にはかなり悪化していて、治すのに時間がかかりそうでした。治療はドラッグストアの薬を使う事も考えましたが、ひとまず病院で調べてもらいました。病院で調べてもらうとアレであることが分かり、治療には時間がかかるといわれました。それからはにご...

今まで足の裏全体の皮が剥けるほどひどい水虫になっても、ドラッグストアで売られているダマリンを使えば、2カ月も塗れば大抵のものは治って、足の裏は皮が剥けていない奇麗な状態になってました。にごり爪になって、爪全体がくすんできて透き通っていた爪が濁った印象になって、爪がボロボロになって表面が砕けて靴下を穿く時に引っかかるようになりました。使い慣れたダマリンの説明文ににごり爪にも効くと書かれていたので、期...

にごり爪は自分で症状に気付きにくいために治療が遅れてしまい、気付いたら足の指の肉が腫れ上がってきていました。私が最初に爪の異常に気付いたのは、爪の表面に縦線が入っている事に気付いたためで、それからはクリアネイルショットを使って爪の健康を保っています。にごり爪を放置していると、次第に爪が硬くなっていると聞いていたので、急いで詰めに潤いを与えたくてクリアネイルショットを頼りました。自然由来のオイルが大...

もともと足にゴワゴワがあり、市販の塗り薬を使っていたのですが、にごり爪になってしまいました。にごり爪になると爪に痒みなどはないのですが、爪が盛り上がってきて、その盛り上がった部分を爪切りでカットして、市販の液体タイプの薬を爪につけていたので治ると思ったのですが、徐々に進行してしまい爪自体が半分くらいになってしまいました。この状態では自分では治すことができないと思って、皮膚科を受診しましまた。塗り薬...

(にごり爪の症状や特徴)にごり爪の症状は指一本だけなって、その爪だけ進行するケースや、他の指にうつるなど個人によって様々です。にごり爪の原因はケラチンを好物にしている為、爪や皮膚、髪があって湿度が高い部位ならなる可能性はあります。その為、一本でもなると他の指へのリスクは高くなるので、早めに対処することが大切です。にごり爪の特徴は、爪が厚くなり白濁色に変わるという点で、症状が進行すると黄色が混じりだ...

もう何年か前のことですが、知らない間ににごり爪になっていました。最初の頃は、なんとなく爪が白っぽく濁ってきたという印象しかありませんでした。それがだんだんと黄色っぽく変色してきて、爪の周りの皮膚が厚く固くなってきたのです。まともに爪を切ることも出来ず、はさみのようなものを使ってカットしていました。しかし、この時点においても、わざわざ皮膚科に行くつもりが無く、そのまま放置していました。 時間の経過と...

(イトラコナゾールについて)イトラコナゾールは、にごり爪の治療に使われる内服薬で、高い改善効果が期待できます。服用方法は、通常の服用方法とパルス療法があり、パルス療法による服用が主流となっています。イトラコナゾールのパルス療法は、1週間服用を継続して3週間服用を休むというパターンを3回繰り返します。パルス療法のメリットは、爪の中の薬剤濃度を高くして長く滞在させられるという点や、服用期間が短く済むな...