爪水虫なので薬局に相談に行く

爪水虫なので薬局に相談に行く

今までは綺麗な足の爪だったんですが、急に足の爪が変色してきました。近所のコンビ二くらいならサンダルを履いて出かけることも良くありましたが、爪が変色してからはみっともないのでサンダルは履けなくなりました。

 

もしかしてこれは水虫なのかもと思い薬局で水虫に効く薬を買うことにしました。薬剤師の方に爪水虫だということを話すと、普通の水虫に効く薬では爪水虫には効果がないと言われました。

 

なぜ爪水虫に水虫の薬が効かないかというと、爪が邪魔をしてしまい薬の成分が届かないことが理由らしいです。薬局の薬剤師の方に爪水虫に良く効く薬はないかと尋ねたら、クリアネイルショットのことを教えてもらいました。クリアネイルショットは、浸透力特化型爪用のジェルが爪に密着して即効性があるそうなので、カサカサした爪やにごり爪にも効果を発揮するそうです。

 

早速クリアネイルショットを購入して爪に塗ってみましたが、ジェルタイプなのですごく簡単に塗ることができました。一日一回お風呂上りに塗るだけなので、継続して使いやすかったです。おかげですぐに効果がでてきて、変色していた爪の色も無事に元の色に戻ってきました。値段も手ごろなのでこれからも使い続けるつもりです。

 

 

爪水虫にヤスリは効果的か確かめてみた

爪水虫の薬を使用するときはヤスリで削ったほうが効果的だそうです。今まではそのまま薬を塗布していたのですが、白癬菌に感染して白く濁った部位は少しでも減らしたほうがいいということで、ヤスリで削ることにしたのです。

 

この方法は王道だそうで、完治させるためには必須とのことでした。市販の鉄ヤスリを使用して爪を削ってから薬を使用すると、今までより格段に効果を発揮してくれました。

 

削るときのポイントは爪を少し湿らせておくことで、これによって爪の粉が飛散しません。十分に削ったら治療薬を塗布しますが、すぐに完治はしません。爪水虫は本当に頑固なので、地道にケアをすることで少しずつ綺麗な爪が増えていきました。完全によくなってからは治療薬をやめましたが、ネイルケアとしてクリアネイルショットを使用しています。

 

爪がもろくなってしまう状態は、爪水虫になる前から感じていたものです。肌状態が人によって異なるように、爪の状態にも違いがあるのでしょう。クリアネイルショットを使用してからは爪が安定し、以前のようにもろくはなりません。カチカチとした繊維がしっかりした爪になれましたし、保湿力も十分なので乾燥によってボロボロにならないのがいいです。