ニゾラールで爪水虫が治りました

ニゾラールで爪水虫が治りました

足の指や裏に出来た水虫は、市販薬で完治することができましたが、爪水虫が治らずに悩んでいました。特に夏は、サンダルやミュールなど、つま先を見せる靴を履きたいのですが、爪水虫が気になって履くことができませんでした。

 

自力では治せないと思い病院に行くと、ニゾラールを処方されました。見た目は、今まで使っていたのと同じようなクリーム状の薬で、塗り心地もべたつかず気に入りました。

 

毎日塗り続け、1本塗り終わった時に爪を見てみると、以前よりも色が健康的になったように感じました。黄色っぽかった爪が、ピンクっぽくなり、血色を取り戻したように見えました。

 

そして、3か月ほど根気よく使い続けていると、木の幹のようにゴツゴツして分厚かった爪がスムーズになり、普通の爪のような薄さに近づいていました。
半年ほど塗ったら、見た目は綺麗になり、完治したように見えましたが、それからさらに3か月ほど塗り続けました。

 

爪水虫は再発しておらず、今はサンダルもミュールも自信を持って履けるつま先になりました。爪の中に浸透させるようにしっかり塗り込むと、爪の奥まで成分が行き届くような気がしました。

 

万が一に備え、今もニゾラールは家に常備しています。

 

 

爪水虫に似てると思っていたら

爪がなんだかぼろぼろになっていて、以前見た爪水虫の症状に似てるなと思っていました。
おそらくは爪水虫なのだろうとは考えていたのですが、実はなんでもないということを期待して皮膚科で見てもらったもののやはり爪水虫でした。

 

そこまで不衛生にしていたつもりはなかったのですが、気づかないままに放っておいたため状態が悪化してしまったようです。

 

薬をもらってそれを塗り続けるように指示をされたので、その日から塗り続けることにしたのですがなかなか良くならないので不安になってしまいました。

 

先生からは爪に水虫ができると薬を塗っても浸透しづらいので長引くからあまり焦らないようにと言われていたのですが、実際にあまり良くならないとずっとこのままではと思ってしまったのです。

 

それでも三ヶ月目ぐらいから改善の兆しが見られるようになってきて、半年ぐらいで大分症状は良くなりました。

 

大分良くはなったものの完治したとは言えない状態でしたから、その後も薬を塗り続けることにしたのですが状態が改善してくると治療を続けるのは負担にはならなくなってきました。

 

結局更にそこから半年ぐらい治療を続けて、ようやく完治と呼べる状態にまで戻ったので良かったです。