爪水虫に処方されるイトラコナゾールとは?効果や副作用はどう?

爪水虫に処方されるイトラコナゾールとは?効果や副作用はどう?

(イトラコナゾールについて)

 

イトラコナゾールは、爪水虫の治療に使われる内服薬で、白癬菌に対し高い改善効果が期待できます。

 

服用方法は、通常の服用方法とパルス療法があり、パルス療法による服用が主流となっています。

 

イトラコナゾールのパルス療法は、1週間服用を継続して3週間服用を休むというパターンを3回繰り返します。

 

パルス療法のメリットは、爪の中の薬剤成分濃度を高くして長く滞在させられるという点や、服用期間が短く済むなどがあります。

 

(イトラコナゾールの副作用)

 

イトラコナゾールは、肝臓や腎臓、血液などへの副作用リスクがあり、症例には胃部不快感や吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発疹、痒み、肝機能低下などがあります。

 

また、イトラコナゾール服用期間中は、血液検査を定期的に行います。

 

イトラコナゾールの服用ができないケースは、肝機能や血液に疾患がある人や高齢で複数の薬を服用している人などです。

 

他に、胎児への影響が危惧される為、妊婦の人も服用ができません。

 

爪水虫改善に、イトラコナゾールは高い効果が期待できますが、併用禁止薬や使用制限などが多くあり、副作用のリスクもあるので、メリット以外も注視することが重要なポイントです。

 

(イトラコナゾールが服用できない場合)

 

イトラコナゾールが服用できない場合には、外服薬による治療が行われます。

 

その際に処方される塗り薬は、エフィコナゾールやルリコナゾールなどで、半年から一年半かけて爪水虫の完治を目指していきます。

 

爪水虫や足水虫は、完治する前に治療や対処を止めてしまうと、再発する可能性が高いので、完治するまで治療と向き合うことが大切です。

 

(市販薬で爪水虫対策)

 

病院へ行かないで爪水虫対策をする場合、薬局やドラッグストアで販売されている水虫薬を塗っても効果が期待できません。

 

硬い爪が壁となり成分が患部まで届かない為、爪水虫には浸透性の高い薬や商品などの使用が必要です。

 

通販サイトか公式サイトでの販売に限定されますが、クリアネイルショットという爪水虫ケア商品は、硬い爪に浸透して患部への働きかけが期待できます。

 

クリアネイルショットは、白癬菌にアプローチするだけではなく、爪の生成をサポートする成分も配合されているので、効率的な爪水虫対策ができます。

 

クリアネイルショットは通販サイトでも販売されていますが、お得に購入するなら公式サイトがおすすめです。

 

お試し定期コースや基本コース、年間コースなどがあり、全てのコースに割引があるのでお得な価格で購入できます。

 

更に、全額返金保証も付いています!

 

⇒クリアネイルショットを試してみたい方はこちら