クリアネイルショットが効果なしって本当?

クリアネイルショットが効果なしって本当?

塗るタイプの爪水虫ケアとして、有効成分の浸透力に特化し
医学誌にも掲載された【クリアネイルショット】

 

【クリアネイルショット】は実際に使った方からの評判が良く、
徐々に注目を集めています。
口コミやレビューでも高い評価が多く、ほとんどの方が効果を
実感し、リピートしているみたいですね。

 

しかし“効果なし”という内容の口コミもたまに見かけます…。
期待を込めて購入したにも関わらず、全く効果なしという結果で
終わってしまった方もいるようですね。

 

“効果なし”の口コミから、検証した【クリアネイルショット】
の正しい使い方をまとめてみました!

 

“効果なし”で終わらせないために
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

 

◇使用期間について

 

効果なしという口コミで多かったのが、2週間使った…
1か月使った…など、使用期間が非常に短い方の意見です。

 

爪の伸びるスピードは人それぞれではありますが
足の親指の爪がすべて生えかわるまでには
半年から1年ほどかかると言われています。

 

つまり、2週間や1か月では爪が伸びたのが、わかるか
わからないか…という程度ということです。

 

早い方は1か月で何かしらの効果を実感できるようですが、
1か月では変化を感じなくても3か月後、4か月後のために
塗りこみ、根本から新しく生えてきた爪が綺麗なピンク色になり、
続けて使って全部綺麗になったという方もたくさんみえますよ!

 

 

◇塗るタイミングについて

 

【クリアネイルショット】は1日1回塗りこむだけで
効果を発揮しますが、お風呂上がりのタオルドライ後、
清潔な肌に塗りこむことが重要です。

 

爪水虫の元となる菌を除去するために塗りこむのですから、
清潔な肌でないと意味がありません。

 

お風呂上がりには、皮膚がやわらかくなり、有効成分が
浸透しやすくなっていますので一石二鳥ですね。

 

 

◇塗る範囲について

 

【クリアネイルショット】を塗りこむ範囲は
症状がでている爪だけでは十分ではありません。

 

【クリアネイルショット】を塗っていると、濁って硬くなった
爪が綺麗に戻ってくるというよりも、新しく生えてくる爪が
綺麗になり、徐々に硬くなってしまった古い爪を外側に
追い出してくれるという感じで、効果がでてくるようです。

 

新しく生える爪を綺麗にするには、爪と皮膚の境目である
爪床に有効成分を届ける必要があります。

 

爪だけでなく、爪周りの皮膚全体、とくに爪と皮膚の境目に
丁寧に塗りこみましょう!

 

 

【クリアネイルショット】を正しく理解して使用することで、
“効果なし”という結果は避けられそうですよ!

 

⇒クリアネイルショットを試してみたい方はこちら