ダマリンは効かなかった

ダマリンは効かなかった

今まで足の裏全体の皮が剥けるほどひどい水虫になっても、ドラッグストアで売られているダマリンを使えば、2カ月も塗れば大抵の水虫は治って、足の裏は皮が剥けていない奇麗な状態になってました。

 

爪水虫になって、爪全体がくすんできて透き通っていた爪が濁った印象になって、爪がボロボロになって表面が砕けて靴下を穿く時に引っかかるようになりました。
使い慣れたダマリンの説明文に爪水虫にも効くと書かれていたので、期待して使い始めましたが、何か月も爪に塗っても全く効果がありませんでした。

 

ネットで爪水虫の治療法を探したら、皮膚科で処方される飲み薬が一番効き目が高いと書かれてましたが、飲み薬の水虫薬に抵抗があって通院に躊躇ってました。
そんな時に偶然にネット通販で購入できる爪水虫に効くジェルタイプの液体水虫薬を見つけて試しに注文しました。

 

爪に塗ってみると、ダマリンと違ってジェルタイプなので、爪全体に馴染んで包み込むように塗れて、塗った後爪への浸透力もかなり良かったです。
ジェルタイプの液体水虫薬を爪に塗り始めてから1カ月ぐらい経つと、徐々に爪のくすみや濁りが改善していきました。

 

塗り始めてから3ヶ月が経つ頃には、すっかり奇麗な透き通った透明の爪に戻り、靴下を穿く時にも引っかからなくなって爪水虫が治りました。

 

 

爪水虫は全身に感染する

水虫は感染してしまうということは有名です。ですから、家族に誰かが水虫になっていると、他の人も水虫になってしまう恐れがあります。私の場合は一人暮らしでしたが、自分にも感染してしまうとは思いもよりませんでした。

 

まずは、足の爪がカサカサでぼろぼろになっていることに気づいてからでした。インターネットで調べてみると、これはどうやら爪水虫だということが分かりました。病院には行かず、自力で市販の薬を塗って直そうとしました。爪水虫も通常の水虫のように薬を塗れば治るものだと考えていました。

 

しかし、爪の中に利かせるのはなかなか難しいことで、治療が長期化していました。そんな中、体中に湿疹ができてしまいました。これは、爪水虫の菌が体にも感染してしまったのです。後で病院に行って分かったことですが、水虫が体にも移っていたのです。

 

感染したとしても、足の指に感染する程度だと考えていましたが、治療が長期化していると、いつのまにか他の部位にも感染してしまうのです。ですから、全身に移ってしまう前に、爪水虫であると分かったら、すぐに病院に行って治療してもらうことをお勧めします。

 

全身に感染すると、とてもかゆい状態が続くので非常につらいのです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら