自覚症状がなく悪化して気づいた・・

自覚症状がなく悪化して気づいた・・

風呂で足を洗っている時に爪に違和感を感じて、調べてみると水虫になっていました。

 

水虫の症状はよく知っていたのですが、自覚症状がなかったため全く気づきませんでした。気づいた時にはかなり悪化していて、治すのに時間がかかりそうでした。

 

治療はドラッグストアの薬を使う事も考えましたが、ひとまず病院で調べてもらいました。病院で調べてもらうと水虫であることが分かり、治療には時間がかかるといわれました。

 

それからは爪水虫の治療をし続けましたが、最初の頃はほとんど変化がなく不安がありました。

 

しかし一月程度続けた頃から症状が良くなり、変色した爪の部分が戻ってきました。
爪水虫の問題は完全には治っていませんが、最初の頃よりは良くなりました。

 

病院の医師もちゃんと対応すれば治るといってくれて、頑張って治したいと考えています。治療で使う薬は飲み薬と塗り薬ですが、どちらも利用しやすく負担は感じていません。

 

爪の状態は最初の頃は黒っぽい色でしたが、今は段々ピンク色の部分が増えています。自覚症状のない爪水虫は、気づいた時には悪化していて治すのが大変です。

 

私も気づいた時には不安でしたが、良い治療法を使えば少しずつですが治すことはできます。

 

 

爪水虫の前兆を察知して早急に治療を

足の指や裏側にできる、いわゆる一般的な水虫と違って、爪水虫は一度かかってしまうと、完治するのに時間が必要です。なぜなら、爪水虫は爪の間の皮膚にまで、白癬菌が寄生し増殖している状態だからです。この病気にかかったら一刻も早く治療をおこなうべきであり、その前兆を察知するのはとても重要だと言えます。

 

 自分の場合は、爪が黄色く変色して、形が変形するまで医者に行きませんでした。結局治るのに、半年近くかかったと思います。

 

 まず、爪水虫の前兆は、爪が白っぽく変色してくることです。さらに湯に浸してこすったとき、ぼろぼろと角質のようなものがはがれ落ちてきます。爪の周辺がごわついていたり、皮膚が厚くなったような気がしたら、すぐに爪水虫を疑いましょう。

 

 また季節は梅雨の時期から夏場が発症しやすいようです。白癬菌は、高温で多湿な環境を好みますので、風呂上がりなどにはしっかりと水気をぬぐい取ってやることが大切です。また靴下は乾燥を妨げるので、家の中では履かないようにしたほうがいいかもしれません。

 

 とにかく爪やその周辺の皮膚の状態がいつもと違うと感じたら、面倒くさくても皮膚科を訪ねるようにしたほうが賢明です。初期症状ならば、二週間程度で改善しますので、前兆を察知したら、すぐに手当をしましょう。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら